教養

紫吹淳 私が初めてファンクラブに入ったタカラジェンヌ

『紫吹淳』と言う芸名の彼女。あなたはこのタカラジェンヌを知っていますか?そう、今はよくテレビで”ばあや"がいるとお馴染みの元タカラジェンヌです。彼女ほんとかっこよかったんですよ!
今日は私が大好きになったタカラジェンヌ紫吹淳さんをご紹介します。今のじゃないよwタカラジェンヌの頃の紫吹淳さんですよー。

タカラジェンヌには愛称があります

紫吹淳02
タカラジェンヌには芸名の他に愛称と呼ばれるニックネームがあります。紫吹淳さんには『リカ』という愛称があります。大体どのタカラジェンヌさんも本名が多いですね。
じゃーなんで芸名を!なんて思うかもですが、友達が仮に芸能人だったら芸名で呼んだりは、まぁ普通しないですよね。

と言うわけで、紫吹淳さんの愛称はリカちゃん(もしくはリカさん)です

『紫吹淳』宝塚には全く興味なし

紫吹淳01
そんなリカさんですが、宝塚には全く興味がありませんでした。はい、ホント驚きです。宝塚興味なかったのにトップスターになっちゃうなんて…神様は本当に気まぐれです。

リカさんはバレリーナを目指していたんですよね。ダンスは素晴らしいですよ!手足も長いし、スタイル抜群。じゃあ、なぜにバレリーナにならなかったのか!?

デカすぎたから

これです。背が彼女170を越していました。当時の男性はそんなに長身ダンサーはおらず、バレリーナになるには難しいと言われ、そして宝塚を勧められて入学したそうです。それで入学できちゃうのが凄い。

『紫吹淳』花組から星組を経て月組へ

リカさんは、宝塚音楽学校を卒業後花組へと配属されました。宝塚には当時は4つの組がありました。花、月、雪、星です。その中でもダンスの花組と呼ばれる花組に配属。

花組歴代トップスターと言えば、越路吹雪、甲にしき、安奈淳、大浦みずき、真矢みき等どこかで名前を見たことがありそうなタカラジェンヌさんですね。最近だと春野寿美礼、真飛聖、蘭寿とむ、と言ったダンスの上手なタカラジェンヌが集まる花組です。

その後星組へと移動。星組は、その名のとおりスター性を持ったタカラジェンヌさんが集まる組。歴代トップスターは春日野八千代、寿美花代、鳳蘭、峰さを理、日向薫、麻路さき、香寿たつき(この方はリカさんと同期だったかな)最近だと柚希礼音、北翔海莉とスター性や存在感抜群のジェんヌさんが多い星組へ。

星組時代にやったエリザベートではルキーニ役に抜擢。彼女は悪役のはまり方が尋常じゃないです。もう天下一品です。リカさんファンにはそう思う人は少なくないと思われます。そんな個性的な彼女が次に配属されたのは…。

月組。月組は「芝居の月組」と呼ばれ、芝居に強いトップスターを輩出。歴代トップスターは榛名由梨、大地真央、涼風真世、天海祐希、真琴つばさ等、TVや舞台で今も活躍している宝塚の卒業生です。そして、この真琴つばささんの後にトップスターになったのがリカさんなのです!

『紫吹淳』と真琴つばさの絶妙なコンビ

[wpap service=”with” type=”detail” id=” B0080O52BA” title=””]
リカさんが雪組から異動する際、どこの組にしようかと会議があったそうです。そんな中、真琴つばささん(通称:マミさん)が「リカうちの組にほしい」的なことを言われたとか。これが大正解だったと私は思います。

マミさんが演じる正統派な主役に、リカさんが演じるめっちゃ悪そうな悪役。コレ凄いはまってた!!!私は『螺旋のオルフェ』という舞台でこの二人のお芝居を初めて見たんですが(内容は凄い意味不明なとこ多かったな)なんていうか、やばい位かみ合ってた!これは見たら分かる。言葉じゃ伝わらないのでカットです(えw)

そんな二人がトップと二番手もずっとは叶うわけもなく、マミさんの退団公演が決まりました。宝塚は言わずもがな、トップスターは主役です。主役=いいヒト的な役…リカさんファンには募る一つの不安。

悪役じゃないのはハマるのか

正直、超不安でした。なんならずっと正直二番手が良かった。そんな思いをもって観ましたマミさん退団公演。悪役ではあったものの、凄くクリーンな悪役(なんだクリーンな悪役ってw)それゆえ、トップの役にも不安はなくなりました。

『紫吹淳』トップスターとしての月組

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B00WG93M5S” title=””]
ほくほくしながらリカさんのトップ就任を待ちわびる高校生の私。どんな役をやるのかなぁ、正統派とかなのかなぁ。そんな感じで胸を躍らせていました。

ついに、その公演が発表!タイトルは『大海賊~復習のカリブ海~』

…。
・・・。
やってくれたぜ宝塚

ストレートな役はリカさんにはやっぱり向いてないと思われたのでしょう。海賊でした。でもね、私は好きでしたよ。こういうほうが。なんか無理にやろうとしなかったから、好感がもてました。

その後もギャングやら何やら、およそ他のトップが演じないであろう役を演じ、最後ドラキュラだったかな。とにかくやりきって宝塚を無事卒業されていかれました。

紫吹淳のまとめ

彼女の個性的な演技や抜群のダンスは本当に素晴らしかったです。また舞台に立ってほしいなぁと思うんですが、よくバラエティとかで「ばぁや」の話とか「三高との結婚」の話とかで盛り上がっちゃってますね。でも、そんなリカさんも私は好きです。

[wpap service=”with” type=”detail” id=” B008ZCVJ2I” title=””]
今のリカさんからは男役が想像付かないかもしれませんが、宝塚歌劇団『紫吹淳』の舞台ぜひDVDとかで一度見てもらえたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。