教養

浴衣って素敵!~昼からでも着れる着物風に着る浴衣入門・初心者編~

『浴衣』を貴女は着ますか?夏の醍醐味と言えばプールにお祭り、花火大会…特に花火大会とかなら浴衣を着ていく男女も多いのではないでしょうか?でも、浴衣って実際どこでどう着るの?いつ着ていいの?着こなしやTPOは?意外と知られてないことも多いのが和服の世界です。

街には「私は着付けを知ってる!あなた何その着方は!」という感じで声をかけてくる着物警察と呼ばれるおばちゃんとかいますしね。折角の楽しい気分を壊されることの無いように、今回は着物の初心者でも分かりやすく、浴衣を楽しめるような着こなしや、TPOをご紹介しようと思います!

これで今年の夏は浴衣デビュー!!!浴衣着れると女子力も上がること間違いなし!!

『浴衣』ってなに?TPOは?

浴衣2

浴衣って実際いつ着るものなのでしょうか?貴女は浴衣を買うときそんなことを考えて買ったことありますか?浴衣の由来は平安時代までさかのぼります。平安時代に湯帷子(ゆかたびら)と呼ばれる麻の生地を使った着物を着て、お風呂に入るのです。この時代は複数の人とお風呂に入るため、肌を見せないように工夫したみたいです。

安土桃山時代のころからは、湯上りに着るのが始まり、江戸時代に入って庶民も湯上りに着るようになったといわれています。名前の由来は湯帷子から来てるみたいですね。

浴衣は通常の反物(着物を作る前の一枚の布のこと)より安くて、湯上り以外にも寝巻きに使用したり、日本舞踊では稽古着として使われたりもします。生地も麻や綿などが多いので洗うのも簡単で清潔に使えるのが特徴ですね。最近は化繊のいいのがあるので、本当に簡単に洗えるものも出てきています。

基本的に湯上りで着ていたことから、夕方から夜にかけて着るものとして見られるので、昼から浴衣を着てるとおばぁちゃん世代や場所によってはジロジロ見られることもあるかもしれません。でも大丈夫!昼から着ることも出来ます!それが着物風の浴衣の着こなしです!

『浴衣』着物風の着こなしって?

浴衣3

浴衣をそのまま着るのもかまいませんが、もっとお上品に着こなしたい。昼から食事に行ったりするのにも着て行きたい!それを可能にするのが着物風の着こなしです。浴衣の下には夏用の襦袢を着て、足には足袋、帯は半幅帯でもかまいませんが、名古屋帯を締めれば上品さは上がります。足元も下駄でもかまいませんが、草履を合わせれば見た目は完全に着物です!

最近のおしゃれな着物や浴衣の着こなしの人は、襦袢で遊ぶのが多いです。普通襦袢と言うと、白や薄いピンクなんかで柄もそんな目立たないようなものが多いのですが、かわいい色柄の反物から襦袢を仕立てて作るお洒落さんが増えています。「お洒落は足元から」とありますが、あまり見えないところに拘る。これもお洒落の一つです。

『浴衣』や着物を着るのに仕立てる必要性って?

本来襦袢や着物というのは、自分のサイズに合ったものを作ります。プレタポルテ(通称:プレタ)で作られたものも売っていますが、自分と全く同じ体型の方ってなかなかいないですよね?特に着付ける際に、自分のサイズに合っていないと、着付けの本の通りには着れないということが起こってきます。袖や丈が長すぎたり短すぎたりみたいな。

それでもやはり自分のサイズで仕立てると言うのは、洋服に慣れた私たちには馴染の無いものかもしれません。だって高そうじゃない!?そう、自分サイズに仕立てるって所謂オーダーメイドってやつです。でも間違えてはいけません。着物は普通がオーダーメイドなんです。プレタ展開はおまけみたいなもんです。

そして着物や浴衣のいい所は、一度作ったら数十年着れます。あと10年後今着てる洋服着れますか?着物や浴衣は色柄さえ間違えなければ着れます。そして着物なら色柄も直そうと思えば染め直しも可能です。着物って本当は凄いんですよ。だからこそ、いいもので作るからちょっとお高い。それはぶっちゃけあります。仕方ない。でも、選びようがあるのも事実。

着物の生地を絹で作ればお高いし、お手入れも自分では出来ません。そこを化繊にしてみればお値段も抑えられて、気軽に洗えていつでも着れる。最近ではそんな着物も増えてきています。便利な世の中になったものですね。

浴衣も着物と一緒なので、自分のサイズで作るのに越したことはありません。でもお仕立てするのには、やっぱり1ヶ月くらいはかかるし、前もっての準備は必要です。今年浴衣を着てみたいって思ってるなら、六月中までにはお仕立てしたほうがいいですよ!

『浴衣』の着付けに必要なもの

浴衣4

実際浴衣が手に入ったら、浴衣だけではどうにもなりません。着付けに必要なものが色々あります。それもご紹介させていただきますね!

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]

  • 腰紐四本本
  • 襦袢を着る場合はこれに二本くらい足してもいいかと思います(呼び含む)

  • 伊達締め
  • 襦袢を着る場合はプラス一本

  • 帯板
  • 夏用のメッシュタイプがお勧め

  • 着物用スリップ
  • プレタの場合居敷当てと呼ばれるお尻周りを保護してくれる布がありません。汗かくと下着丸見えになるのであったほうがいい!(襦袢着るときはいらないかな)

  • 履物
  • 浴衣なら下駄、襦袢付なら草履と足袋

  • 浴衣用籠バック
  • 巾着でもいいけど、籠バックのが多く入るよ!

[/list]

着物のように着付けする場合は襟芯や便利なコーリンベルトなんかもあってもいいと思います。また、浴衣の衣紋を抜きたいと言う場合、浴衣に襟芯を入れてもいいんですが、縫われている上に縫い目を解くとそういう仕様になってないので気をつけてくださいね。

浴衣のまとめ

浴衣として着るのであれば、やっぱり夜がお勧めです。着物風に着るとお上品さも、かしこまった感じにもなるので、デートに切れたら女子力UP間違いなしです!今回は入門編として浴衣を紹介させていただきましたが、次回は着物についても書いてみようと思います。着物は日本の伝統衣装。着れる女子が増えてくれたら私も嬉しいですね!

着付けについて分からないと言う方、教えてほしいと言う方はこちらまで[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

ではでは、『浴衣』良かったら着てみてくださいませ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。