散策
散策

【散策】浅草の人情溢れる下町ぶらり!現代丁髷に浅草寺とほおづき市

『散策』どうも暑い日が続いてますね!暑い日にはお出かけも一苦労。そしてテンションがだだ下がりする…。いやしかし!そんな暑い日だからこそ元気を貰いに行きましょう。そう、そんなあなたにオススメが、賑わいを魅せる東京の下町。

浅草!

今回は呉服屋さんの同期の子と一緒に浅草へぶらりしにいきました。
この子めっさ可愛い。可愛い子と出かけるのいいよね(おっさんか私は)
彼女は浅草初めてだったので、僭越ながらわたくし浅草の町を案内させていただきました(はい、拍手~)

案内って言ってもそんないつも行くようなところいっても面白くないので、いざ新規開拓!今回はどんな人や物に出会えるのか…

よっしゃ、ついといでーーー!!!

『散策』地下鉄って出口難しいよね

散策02
銀座線の浅草駅を降りると(正しくは昇るかな、地下鉄だし)たくさんの出口が。地下鉄ってコレが困る。どこから出でよいやら。でもそこはまかせてくだされ。

テキトーにでりゃ分かります

このテキトーさが私のウリです。さて、出口を適当に出ますと目の前には有名なあいつがおりました。そう、皆さんおなじみの金のウンコです。

あ。ごめんなさい。はしたないですよね。でもあれはそう見える人がほとんどですよね。あ、金団雲にも見えますよね。実際見てみるとかなり大きいのでビックリするんでしょうね、外人さんとか写真バンバン撮ってましたよ。

その金のうんちゃらに別れを告げて、まずは浅草寺方面に向かいました!人力車のお兄ちゃんたちのムキムキ具合が素晴らしいな、なんて思いながら歩いて人混みをかわして歩いていきます。

『散策』目に付いたのは簪屋さん!

散策01
「暑いね~」なんて話しながら歩いていると、そこで目を引いたのがこちらのお店。なんと簪(かんざし)専門店。数々の簪がお店にどーーーん。
散策02
いやもう、楽しすぎる!ヘアメイクする私には楽しすぎる空間。しかもこの簪屋さん簪付け放題。あんまり付けたりとかさせてくれないお店のが多いんですけどね(一応商品だから)

べっこうみたいな昔の花魁が着けてたような簪に憧れがあったんですが、なかなか現在で着けるのは難しいなぁと感じていた私に、それよりも落ち着いた水牛の角で作った簪を発見。即購入しました。

即断即決

おかしいなぁ。買い物とかこうなのに、運転は即断即決って難しい。いや、最近自動車の教習所に行ってるんですがホント難しいなって。いや、そんなんはいいんだよ。簪だよ。簪。
散策03
こんな簪いっぱいのお店で、浴衣や七五三、着物の簪探してみてはいかがでしょうか?

『散策』系列店に武士がいる!?

散策05
かんざし屋のおねぇちゃんに「この辺にオススメのお店ありませんか?」と聞いた所、系列店に箸屋さんがありますよと(最初箸を菓子と聞き間違えてお菓子屋さんを探したw)なんとそこには、現代版のお侍さんみたいな人がいるとの事!

こうしちゃいられない、それはすぐに会いに行こうとグーグルナビさんを頼りにお店へ。仲見世のすぐ横のとおりの傍と出るがなかなか見つからない。うーん、どこだ?探すこと5分。ありました!箸屋さん。入り口は小さめ!
散策04
すごい!凄い数のお箸たち!900種類くらいあるそうで、浅草のお店の中でもぴか一の種類の豊富さ。お箸って大事ですよね。
100均とかでもお箸って買えるけど、毎日使うものだからお箸は私ちゃんとしたものを使っています。勿論子供たちにもちゃんとしたお箸です(だからかじって折らないで頂きたい。。。)
霧の箱も売っていて、贈答品としても素敵だしなんだか居心地のいい空間。数々のお箸を見ているとそこへ一人の男性が。

男性店員「いらっしゃいませ、どうぞ試してみてくださいね」
私と同期「・・・。・・・あ!」
散策06
ちょんまげ、ちょん髷、丁髷。。。

いたーー!おったどー!!!

本当に武士がおりました。このお兄さん地毛です。凄いです、、もう事件です。
聴く所によると、この丁髷を地毛でやられている方、全国に20人くらいはいるそうです。そのうちの12人はラインでつながりがあるとか。す、凄く気になる!!!一番お若い方で4、5歳の男の子がいるらしい。小学校入学するとき問題になりそうです。でも私もちょっとやらせてみたかった。

そんな丁髷お兄さんから、箸と桐箱を購入。桐箱に今度絵を描いてみようと思うので、それはまた今度ご紹介させていただきますね~。

かんざし屋さんや、丁髷お兄さんに会いたい方はぜひここから調べていってみてください

[sanko href=”https://www.wargo.jp/” title=”かんざし屋さん(wargo)とお箸屋さん(万作)” site=”株式会社和心”]
散策07

『散策』四万六千日参り!?

散策09
ちなみにこの日は平日だったんですが、ものすごい人の多さでちょっと驚いていたのできいてみたら「今日はほおづき市と四万六千日参りなんですよ」とのこと。

なに?四万六千日参りって

なんでもこの日に浅草寺に参拝すると、4万6千日分お参りしたことになるとか。単純に考えると120年分。人生2回分くらいもうお参りしなくていいんだと。。。え、そんなお参りある!?おいおいマジか!凄いな。誰が考えたんだろう(敢えて調べませんでしたw)
散策08
ほおづき市も大賑わい。みんなしてほおづき持って歩いてるから、目が慣れてない私には異様な光景でしたけど、きっとディズニーランドでみんながカチューシャするのと同じような感じなのかな。
それにしても、ほおづきって吊るして売ってるとは知らなかった。なんならおばぁちゃんの家とかに普通にあったから、わざわざ買うっていう認識も無かったわ。でもなんか風情があって素敵でした!

【今回の散策】浅草のまとめ

散策10

浅草は東京の下町として栄えていて、住んでる人たちも江戸っ子で気持ちがいいですよ!浅草寺も仲見世通りも浅草らしい商人の人たちがいっぱいでとっても楽しい。なかなか他の東京の街には無い雰囲気かもしれません。

余談ですが、浅草寺でおみくじを引くと7割凶が出るらしいです。理由は定かではありませんが、地元の人からこそっと聞いたので参考までに(ちなみに私も今年に入ってからおみくじ4~5回引きまして、全部吉か大吉だったのに浅草寺では凶でしたw)

そんなおもしろい浅草の街の探索、如何でしたでしょうか?
ではでは、『散策浅草ぶらり』良かったら行ってみてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。