恋愛

大奥―永遠―大好きな人の傍で支えて、いつか結ばれる最初で最後の恋

『大奥』をあなたはご存知ですか?そう、江戸時代に徳川家光候の為に乳母であった春日の局が作られた、日本史上最初で最後のお世継ぎシステムの御殿です。大河ドラマでも何度と放送されてきたものですが、今回のこの大奥は、なんと男女逆転大奥です。

はたして男女逆転とは如何なるものなのか?そしてこの大奥で繰り広げられる人間模様と、初めて聞くものから、自分の記憶にも残っている社会情勢を織り交ぜた素晴らしい作品です。よしながふみ原作の少女漫画である大奥を、主演俳優に堺正人、主演女優は菅野美穂で映画化されたものです。
今回はその作品内容とヒロイン綱吉を巡る愛、更には役者さん達の演技についてもご紹介していきたく思います。

『大奥』男女逆転の理由

大奥2
大奥といえば、あなたが思い描くのは「女の園」「派閥争い」「お世継ぎ争い」「男子禁制」等ではないでしょうか?美しい高貴な姫君を正妻、側室と迎え、身の回りのお世話をするのもすべて女性。天下人であらせられる徳川将軍の上様にだけ許された、大奥と呼ばれる後宮。歴史上はそのように記されております。

しかしながら、この男女逆転大奥は、天下人であられる上様はもちろん、大名の家督を継いだのは皆女性でした。ではなぜこのような事態になったのか?それはこの大奥を春日の局が作られたときまで遡ります。
三代将軍徳川家光候の時代。赤面疱瘡(あかづらほうそう)という病が大流行。これは男子だけがかかる病気で、当時の人口に対し男性は4分の1まで人口が減ってしまうという事態に陥ります。

そして、家光候もこの病にかかり命を落としてしまいます。その時春日の局が、この徳川の世が終わればまた戦乱の世に逆戻りをしてしまう、御家存続は絶対だと実子であり、家来でもあった稲葉正勝を影武者に立てることを決意されます。

そして、家光候が若かりしころに身分の低い娘を身篭らせていた為、その娘との間に産まれた少女を江戸城に招き、その少女にお世継ぎを産んでもらうことで、徳川の血を絶やさぬようにと働きかけたのがきっかけとなります。当初は男の子を産んで、その子を後の将軍にするつもりでしたが、生まれたのは女子ばかり。

そして、赤面疱瘡の脅威はとどまるところなく全国に広がっていきます。苦肉の策として、家光候の血を引く彼女を3代将軍徳川家光として人柱にさせることとし、女子に家督を継がせるという形を作っていきます。その為、大奥の中も女性ではなく男性のみとなるのです。

将軍は女。仕えるは美しき男子3千人の男。その大奥は将軍に与えられた最大の栄誉

[box class=”box27″ title=”大奥の決まりごと”]①大奥で見聞きしたものは、他言無用
②大奥では35歳を過ぎると「お褥すべり」と呼ばれる夜の営みを辞退しなくてはいけない
③元の名前は捨てて、上様から女性の名前をいただく(例:本名が玉栄ならお玉、等)
④将軍が死んだ場合、大奥は総入れ替え
⑤将軍が死んだ後、特例がない限り正室、側室の者は出家する
⑥大奥総取締は将軍の寝所に上がった者はなれない[/box]

『大奥』~誕生~(ドラマ)と『大奥』~永遠~(映画)の繋がり

大奥~永遠~は実はドラマ大奥~誕生~と話が繋がっています。誕生では3代家光候の話で、前にも書きました大奥の誕生秘話を描いています。永遠では家光候の娘であり、5代将軍綱吉をヒロインとしています。家光候には最愛の人で万里小路有功(までのこうじありこと)という人物がいます。この有功を堺雅人が演じています。

しかしながら、彼との間に子供ができず、有功の強い希望で小姓であった玉栄(ぎょくえい)に家光候との間に徳子という子供をもうけて貰うのですが、その子供が5代将軍綱吉となります。玉栄は家光候が亡くなった後は桂昌院(けいしょういん)と名前を改め坊主となる落飾をされますが、娘の徳子が将軍職に就くと、将軍の父として大奥に上がり絶大な権力を持ちます。

綱吉には御台所(みだいどころ)と呼ばれる正室(配役:工藤官九郎)がおりましたが、夫婦仲は良くなく子供もおりませんでした。側室である伝衛門(でんえもん)通称お伝の方(配役:要潤)との間に松姫と呼ばれる姫が一人いるだけでした。このままでは御台は子をなすことなく、お褥すべりを迎えてしまいます。

そこで、公家出身の御台は姉の伝手を使い、京都から男性を一人呼び寄せます。それが右衛門佐(えもんのすけ)という教養や勉学に長けた男性でした。この右衛門佐を俳優堺正人が演じています。
なぜここで堺雅人が演じているのかと言いますと、家光候がもっとも愛した有功と右衛門佐は瓜二つという設定があり、また桂昌院(配役:西田敏行)にとっては、心から仕えていた人と瓜二つの男性と権力争いをするというエピソードがあるのです。

『大奥』~永遠~右衛門佐と綱吉の孤独

果たして御台が呼んだ右衛門佐は、側室になったのか。すごく気になるところではありますが、答えはNoです。彼はとても頭がよく、また策士でもありました。彼が大奥に入ったのは34歳。翌年はお褥すべりの歳でした。彼は自分の技量を分かってこの大奥に入ってきたのです。彼が目指すものは側室ではありません。

綱吉はどうして側室にしなかったのか?これは綱吉の説明から入る必要があります。5代将軍綱吉(配役:菅野美穂)は歴史上もっとも悪名高い将軍の一人として記憶にあるのではないでしょうか?そう、「生類憐れみの令」を出した犬公方です。しかしながら、本来は頭脳明晰でとてもまともな将軍であったのです。

そんな頭脳明晰な二人。出逢いは右衛門佐が大奥で講義をする孟子の授業でした。綱吉は孟子の思想に対して「天子様を戴く万世一系のわが国においては相応しからぬ考えのように思われるが」の問いに対し、
「孟子は決して簒奪を良しとしているのではありません。暴虐の限りを尽くす王は天命を失い、天子とは言えませぬ。よってただの人と成り下がった者を討って天下を取ることは簒奪に当たらないのでございます」こう返すのです。

これだけでも、頭脳明晰な二人の会話だと理解できますよね。更には論語も飛び交い、もはや一般人の私にはチンプンカンプンな会話にしか聞こえませんでしたが、大好きなシーンがこの後にやってきます。

[say img=”https://www.iionnamigaki.com/wp-content/uploads/f6473610f46ddc786148b3ba9a98ce99.jpg” name=”右衛門佐”]「臣は君に事うるに忠を以てす」私はあくまでも御台様付の上臈にござりまする。その私が側室のお伝の方様にお見知りおきを願うは……[/say]
[say img=”https://www.iionnamigaki.com/wp-content/uploads/4e900da6608828622216b32a5cade144.jpg” name=”綱吉” from=”right”]「人以ってへつらえりと為す也」というのだな…。なるほど、曲者じゃ[/say]
最高に二人の出逢いが鮮烈で、教養高く、印象的なものだと痛感した場面です。こんな二人が心から素直になり、愛し合うことが出来たなら、どんなに素敵だったでしょうか。しかし二人はこの時結ばれることはありません。彼は大奥最高の権力である大奥総取締という役職を希望し、上様から賜ることとなります。

大奥に入る前の右衛門佐は、男性人口が少なくなった為の種馬として身体を女性に売る事をさせられていました。そこに愛や恋など存在せず、自分はなんのために生まれ、何のために生きているのかと思う日々を過ごし大奥へやってきました。彼は上様の愛よりも権力を選らんでいきます。

綱吉は、頭脳明晰で采配にも優れた手腕を発揮する女将軍だったにもかかわらず、お世継ぎを失ったことで政治から遠ざけられ、お世継ぎのことだけを考えさせられる生活へと移行させられます。彼女もまた、愛より宿命を選ばざるをえなかったのです。

己の気持ちを理解されることなく、ただ宿命と権力に身を置いた二人の心は孤独そのものでした。

『大奥』~永遠~最初で最後の恋

右衛門佐にとって恋とはなんだったのでしょうか?彼にとって男女の営みは、ただ子供を作る為の行為でしかありませんでした。綱吉にとってもそれは間違いないでしょう。世継ぎの為に子供ができない歳まで大奥に縛り付けられ、老いた父の願いの為に宿命を全うしていたのですから。

二人の愛はどのように結ばれたのか…それは物語の終盤、綱吉の暗殺未遂という事件が起こります。綱吉は人払いを命じますが、右衛門佐はこれを断ります。綱吉が自殺を考えていると分かったからです。そして死にたいと願う綱吉に生きることの意味と、そしてずっと隠してきた愛の告白をするのです。

「生きるというのは。男と女というのは。ただ女の腹に種を付け、子孫を残し家の血を繋いでいく残していく事ではございますまい!」
綱吉を抱きしめ、彼の気持ちであった「一生の夢やった、もう離さへん。好きや!」と、肌を重ねあうことになります。

とうに女の盛りと、男の盛りを過ぎていた者同士でありましたが、二人の気持ちが一つになった、素晴らしい夜であったのです。右衛門佐はずっとずっと綱吉を心のそこから恋焦がれ、愛してやまない女性だったのです。こんなことが現代にあるでしょうか。とても深い愛を感じました。

[box class=”box28″ title=”右衛門佐の深い愛の言葉”]夢のようや。初めてお逢いした時から、私は貴女に恋をしておりました。始めてみる貴女様は傲慢で勝気でしたたかで、なんと素晴らしい女人であろうと。この方には負けまい、互角に渡り合ってやると、長い間意地を張っておりました。
今まで子を生す為以外に女人と褥を共にしたことのない私には、この夜だけが真の初めての男と女の夜でございました。貴女とこうなったのが今のこの皺だらけの身体で本当に良かった。なんという幸せか…。[/box]

大奥~永遠~のまとめ

この作品は、愛というものを考えるのにとても適した作品の一つだと思います。今の日本人にはあまり無い愛の深さや、想いの大切さを感じる事が出来ます。
それと同時に、俳優の方たちの演技も一人ひとりとても計算され、役作りもされていて素晴らしいものがあります。日本映画独特の音楽の素晴らしさ、豪華絢爛な衣装にも注目する価値あり!です。

こんな風に誰かに恋をしてもらえるような女性に、男性になりたいですね。
ではでは、『大奥~永遠~』良かったら御覧になってみてくださいませ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。