育児

シングルマザー子供への惜しみない愛と覚悟、女は度胸だよ、度胸!!

『シングルマザー』最近物珍しいものではなくなりましたが、まだまだ世間の風当たりも弱くは無いかとは思います。そこで、これからシングルマザーを決意してる方や視野に入れてる方には待っている未来を。身内や周囲にいるって方には、いちシングルマザーの心意気を少しでも理解してもらえたらなって思って書き記します。

シングルマザーになって楽しかったことも、つらかったことも、悔しかったことも、悲しかったことも沢山ありました。勿論若い頃から色々あったから、恋愛、まぁ女性としては人生のおおよその苦労を味わったと思います。でもそれも含めて今のモチベーションの自分がいると私は自信を持っています。凹み上等前向き思考で行こう!

『シングルマザー』決心したのは寄り添えない夫婦の気持ち

シングルマザー01

離婚を考え始めたのは、結婚して五年目、いやスタートから?っていうくらい常にモヤモヤした結婚生活でした。別に最初から嫌いだったわけでもないんですけどね。

俗に言う私たち夫婦は「できちゃった結婚」

先述したように、私は最初から嫌いだったとかではなく元旦那が大好きでした。一緒にいると面白かったし、楽しいことも沢山ありました。職人である彼にアドバイスなども貰い、高め合うことの出来る家庭を作れると思っていました。でもずっとどこかで「子供ができたからこの人は結婚したんだろうな」なんて考えていました。

そして、そんな私の結婚生活は予想通りスレ違いから始まりました(そらそーだ)

今思えば、相手にお願いする心や感謝する心、素直になること、思いやること。。。ありとあらゆることがお互いできていなかったと思います。
家事や育児はまかせっきり、私の仕事を見下す彼に、私は次第に心を閉ざすようになりました。口も悪かったのできつい事も言いました。比例するように、彼もまた私に対して言葉の暴力を振るうようになりました。

決定的だったのは、私の先天的な疾患である症状に対して全く理解を示してはもらえなかったところです。その言葉がきっかけで私の心は完全に壊れてしまいました。

私たち夫婦、いや少なくとも私は相手に寄り添える余裕はまったくなくなってしまい、喧嘩の絶えない生活、癒されない夫婦関係。。。そこから導き出した答えが離婚でした。

子供だけは絶対に離さない!金はなくとも根性はある!

シングルマザー02

離婚すると決めたら、次は親権です。この時重要なのは経済力や家庭環境の成立だと思います。ここで悩む方多いと思います。特に専業主婦なら仕事をしているわけではないですし、金銭的に不安もあって離婚を踏み留まる方もいると思います。でも重要なのはそこじゃ有りません。。。重要なのは覚悟です!

経済的に余裕があるにこしたことはありませんが、今は役所でも自立を促す活動を積極的に受けることが出来ます。住むところが無いっていう方にも、自立を目標に2年という縛りで住むところと仕事斡旋など援助してくれるというものもあります(各市町村で違いは有ると思いますが)

でも一番大切なのは、自分が子供と一緒に幸せな生活を送りたいという意思です。

幸せというのは本当に人それぞれで、仕事があってもやりたくないなら幸せじゃないという人も居れば、住むところがあるだけで幸せ、仕事があるだけで幸せ、子供といれるだけで幸せ。。。など色々です。経済的な面に関してもその差は人それぞれでしょう。

金持ちだから悪いことしない?
金持ちだからいい学校に行ける?
金持ちだからいい就職が出来る?

そんなこと無いですよね。お金があっても悪いことする人は居るし、貧乏でも奨学金貰っていい大学行く人だっているし、能力が認められて就職に繋がるなんて事もありますよね。

いてもいなくても変わらない旦那さん(逆も然りですが)や、愛を実感できない夫婦関係、精神的な苦痛などなど。。。そういったものに囚われることなく、純粋に子供と向き合って、幸せに生活していきたいっていう想いがあるなら、子供は絶対に離すべきじゃありません。

経済的なものは自分の覚悟次第でどうにでもなります。実際私もそうです。

やりたい仕事=稼げる仕事

とはならないことのが多いでしょう。なれたら素敵ですし、私はそこを目指して翻弄してますけども!

やれる仕事=稼げる仕事。。。それ即ち幸せな生活!

覚悟を持って生活していくと、そう胸を張って言えると思います。

『シングルマザー』だったからこそツラかったこと~一人二役、仕事は半人前~

シングルマザー03

シングルマザーは覚悟だバカヤロー!って書きましたけど、シングルマザーになってつらかったことが全くなかったわけじゃありません。正直きついこと、つらいことは多々あります。

子供が具合が悪くなったら仕事を休み、お給料はその分引かれますが補填してくれるパートナーはいません。育児の時間も必要であれば時短で働かなければなりません。重要な仕事は任せてもらえないかもしれません。現に送り迎えが必要な学級に通う息子がいる私は正社員の職は選べません。平日に休みが取れ、まだ小さい子がいるので時短の職場を選んでいます。

子供の運動会の場所取りは頼めないし、役員も自分が動くときにサポートはない、仕事もしなくちゃいけないけど家事の分担は出来ない、子供のことでの相談相手はいない。。。特に私の場合は長男が軽いADHD(多動性障害児)なので、一筋縄じゃいかない日もしばしば。父親がいない分独りで父親役もこなさなくてはいけません。

こう書いてしまうと大変そうにも見えますけど、仕事は選り好みしなければ沢山有ります。働くところはありますから、本当にやりたい仕事が仮にあったとしても子供の手が離れてからでも出来ないことはありません。子供と一緒に過ごす時間も取れますし、何より子供の成長と同じように自分も母として成長していけます。母子の絆は深いと自負しています。

運動会の場所取りもお友達と協力し合ったり、なんなら元旦那も見に来てくれるなら手伝ってもらったり、役員は大変かも知れないけど、ちゃんと事情を説明してしっかりこなしていれば周りが認めてくれて手助けしてくれたりします。家事の分担も、最初のうちは子供が小さかったりしたら苦労も有るかと思いますが、自分のペースでやることも出来るし、大きくなってきたらお手伝いもしてくれます(男女問わず家事が出来ると自立にも良いしね!)

ものの見方って、自分が自分を変えるだけで全然違って見えるんだって最近理解できるようになりました。多くの人は人のせいにしたり、社会のせいにしたりしちゃうと思います。そのほうが簡単だから。なんなら私もそうだったし!デメリットはデメリットでしかない。そう思ってました。

でもね、デメリットってデメリットばかりじゃないんですよ♪

『シングルマザー』だったからこその特権~一人で過ごす夜~

シングルマザー04

シングルマザーの特権についてもお話しておきましょうね。メリットですよ、メリット!

最近「おひとり様」っていう単語が増えてきているのご存知ですか?一人カラオケ、一人焼肉、一人立ち飲み。。。「ひとり」っていう単語が付いたサービスが重要視されています。一人で過ごす時間って人間にとってはとても大切な時間なんです。

勿論、わいわいするのも、誰かとゆっくり過ごすのも大事だと思います。でも、誰にも邪魔されない自由な時間って最大の魅力かもしれません。やりたいときに、やりたいことが出来る。まぁ時間は限られてしまいますけど。でも、リフレッシュするには、あって損は全く無い時間だと思いますね、私は。

最近の私の楽しみは、ゆっくり美味しい珈琲を飲みながら録り溜めたドラマや映画を見て、笑ったり泣いたりすることです。映画館も良いけど、自宅でゆったりまったりしながら過ごすこのひと時は、誰にも邪魔されない至福のときです。(勿論ブログ書くのにも重要な時間です♪)

『シングルマザー』だったからこその自由~恋愛は自由~

シングルマザー05
ラブラブな夫婦はこの記事を読むことは無いと思うので、そこじゃない貴女!貴方!

相手と心から愛し合う時間作っていますか?これはねー、今までの日本が本当に悪いと思うんですわー私。結婚したら女は子供を産み、育て、夫は外に出て働く。見られる事のなくなった奥さんは身嗜みに気を使うこともなく、使えば「誰に見せるんだ?」と言われ、外で働く男の周りには身嗜みを整えた女性がうじゃうじゃ。

そらー「浮気は男の甲斐性」みたいなこと言われますわな!なんなら仕事は浮気ホイホイですわな!。。。ごめんなさい、ちょっと言いすぎました。でもこんな感じの夫婦周りに多く無いですか?勿論全部が全部じゃないですよ。

結婚すると家族になっちゃって、女として見れなくなったとか。逆もあるかもしれませんけど。でもね、日本の法律ではそんな夫婦でも浮気はしちゃ不倫になっちゃうんです。慰謝料とか請求されちゃうわけです。結婚したって男と女。お互いが好きじゃなかったら続ける意味は。。。まぁないですね。続けても浮気はするでしょう。だってそこに愛は無いんだから。

シングルマザーになった私、正直に言います。何故かモテましたw別に探したとかじゃないですけど、でも言われたのは「一人で育ててることを尊敬する」「相当覚悟を決めたんだな」「離婚という結婚よりも数倍の苦労を乗り越えたんだな」なんて言われました。

別に否定はしません。だってそうだし。愛の無い結婚生活にしがみつくよりは、自分を認めてくれる第二の人生を謳歌するのは悪いことではないと思います。セカンドライフを考えて熟年離婚する夫婦増えてますけど、なんなら早めのセカンドライフもありじゃないでしょうか?

ま、今は色々あったので休止中ですが、それも自分の自由なのがいいですよね。結婚してたら「奥さん(旦那さん)の務め」みたいなのも無いわけじゃないでしょうし。でもそこも自由!

シングルマザーとしての私と未来

シングルマザー06

私は自分でシングルマザーという道を選びました。この選択に後悔はありません。なんならあのまま夫婦をやっていたら、こんなにのびのびと生きてはいなかったかもしれません。元旦那との関係も今ほど良くはなかったかもしれません。私は自分で選んで子供を産みました。この子供たちを幸せにしたいと思っています。

だから私は、親になる人に言いたい。

自分で産んだ子を心から愛して欲しい。そしてパートナーを大切にしてほしい。子供ができたから結婚しましたなんて、本当にやめてほしい。子供は別という人がいますが、その子を産む人がいて、その人がいたから産む事が出来るんです。だからパートナーに寄り添ってもらいたい。

パートナーがいるから、子供がいるのであって、子供がいるからパートナーじゃないんだよ。そこの根本的なところを見失ってしまったのなら、子供は何時か気付くから。だから振り返って見直して欲しい。それでも寄り添えないなら子供を幸せにする選択を勇気を持ってしてもらいたい。

シングルマザー』も悪いことばかりじゃないよ。ようは。。。愛だよ、愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。